アメ色のものを見極める

蟹を買おうとするときの注意点は、気を付けるべきこと、それは選び方です。

蟹と言っても種類により、違った選び方をする必要があります。

ズワイ蟹を買う場合を例にとってみると見るポイント、それは腹側です。

ポイントは腹側の色で、白いものはやめて、アメ色のものを見極めることが大事です。

あわせて、硬い甲羅をしている蟹も美味しいです。

通信販売で蟹を購入した経験をお持ちである方も多くいらっしゃると思います。

でも、お店ではなく通販で買った蟹がそんなに美味しいのか気にされる方もいるのではないでしょうか。

今のようにネットが普及する前なら、通信販売で本当に美味しい蟹が届いたという話はほぼ有り得ないものとされていましたね。

ところが、ここ最近では本当に質の良い蟹を通販で買うことができるケースも珍しくありません。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

蟹のふんどしを外します。

これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるのが上手な調理の仕方です。

かにの食べ放題は、結構よく見かけます。

その味はどうかというと本当にたくさんの噂を聞きます。

地域差は大きいでしょうし、同じ地域でも店による差はあるでしょうが、まず、かに専門店では、食べ放題でも評判の良いお店が多いです。

これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は専門店より味が落ちるところが多いという意見が圧倒的です。

おいしいかにに出会いたければ専門店の食べ放題ということで、ぜひご近所のお店を探してください。

蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。

それは、まず大事なのは蟹の値段や量、何より新鮮さを確認すること。

それと送料ですね。

お得に通販を利用できるか否かのカギを握るのが送料なのです。

特に蟹通販の場合、食品以外の普通の通販と違って、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。

十分気を付けて見なければなりません。

送料無料の業者もあるので、なるべくそういう業者を選びましょう。

しかし、一般的には送料無料であっても、一部の地域にお住まいの場合のみ送料がかかるなど、色々なパターンがあるのです。

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは年中いつでも獲っていいものではなく、それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

全ての蟹が獲り尽くされることを防ぐために、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、漁をその期間のみに抑えるというルールが厳格に定められています。

毎年の蟹シーズンに一番乗りするためには、解禁日の情報に目を光らせておくことを意識してください。

詐欺の罠というのは、恐るべき巧妙さで法律や取締りからの抜け道を編み出し続けており、実際に先日危うく騙されかけたのが、通信販売によるかにの送り付け詐欺だそうです。

オレオレ詐欺のように自分は大丈夫と思っていても、アンケートと言われるとつい警戒心を解き相手の術中にはまってしまいます。

日本人の悪い癖が出て、相手に気を遣い、断りの言葉を言えないでいると、数日が経った頃、断ったはずのかにと思われる大きな宅配便の箱がどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。

それとは別に、どう見ても最高のかにだと思える写真を使って契約させ、その実、平気で何ランクも下の品物を送ってきて知らん顔をしていたりします。

詐欺といってもその手口は多岐にわたり、油断もすきもない世の中です。

人を見たら泥棒と思えなんて寒々しい考え方は好きではありませんが、被害にあわないためにはそれくらいの覚悟で生きて丁度いいのかもしれません。

かに通販の特徴ですが、ポーションの販売が多いのに気づいた方もいるでしょう。

これは、殻をむいて中身を集めたということですね。

むき身のかにだといえます。

色々な料理に使いやすいおいしさもありますし、大きさではじかれた品や、殻が割れたものなどを使っているので新鮮なのに安く売られているといううま味もあるのです。

あらゆる蟹の産地の中でも、最もよく知られているのは、北海道をおいて他にありません。

北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。

他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、総合評価でなら、ダントツで北海道が一番でしょう。

ところが、現実には、輸入品の蟹が道内で販売されていることがけっこうあり、意外な気分になります。

お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。

そのかにを買う際には詰めを甘くしてはいけません。

それはただ一つ、品数が豊富であればあるほど、お店の人に選んでもらうのを避けることです。

自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。

お歳暮のかにには特に念を入れて、実績のあるところから買うことを勧めます。