アメ色のものを見極める

蟹を買おうとするときの注意点は、気を付けるべきこと、それは選び方です。

蟹と言っても種類により、違った選び方をする必要があります。

ズワイ蟹を買う場合を例にとってみると見るポイント、それは腹側です。

ポイントは腹側の色で、白いものはやめて、アメ色のものを見極めることが大事です。

あわせて、硬い甲羅をしている蟹も美味しいです。

通信販売で蟹を購入した経験をお持ちである方も多くいらっしゃると思います。

でも、お店ではなく通販で買った蟹がそんなに美味しいのか気にされる方もいるのではないでしょうか。

今のようにネットが普及する前なら、通信販売で本当に美味しい蟹が届いたという話はほぼ有り得ないものとされていましたね。

ところが、ここ最近では本当に質の良い蟹を通販で買うことができるケースも珍しくありません。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

蟹のふんどしを外します。

これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるのが上手な調理の仕方です。

かにの食べ放題は、結構よく見かけます。

その味はどうかというと本当にたくさんの噂を聞きます。

地域差は大きいでしょうし、同じ地域でも店による差はあるでしょうが、まず、かに専門店では、食べ放題でも評判の良いお店が多いです。

これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は専門店より味が落ちるところが多いという意見が圧倒的です。

おいしいかにに出会いたければ専門店の食べ放題ということで、ぜひご近所のお店を探してください。

蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。

それは、まず大事なのは蟹の値段や量、何より新鮮さを確認すること。

それと送料ですね。

お得に通販を利用できるか否かのカギを握るのが送料なのです。

特に蟹通販の場合、食品以外の普通の通販と違って、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。

十分気を付けて見なければなりません。

送料無料の業者もあるので、なるべくそういう業者を選びましょう。

しかし、一般的には送料無料であっても、一部の地域にお住まいの場合のみ送料がかかるなど、色々なパターンがあるのです。

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは年中いつでも獲っていいものではなく、それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

全ての蟹が獲り尽くされることを防ぐために、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、漁をその期間のみに抑えるというルールが厳格に定められています。

毎年の蟹シーズンに一番乗りするためには、解禁日の情報に目を光らせておくことを意識してください。

詐欺の罠というのは、恐るべき巧妙さで法律や取締りからの抜け道を編み出し続けており、実際に先日危うく騙されかけたのが、通信販売によるかにの送り付け詐欺だそうです。

オレオレ詐欺のように自分は大丈夫と思っていても、アンケートと言われるとつい警戒心を解き相手の術中にはまってしまいます。

日本人の悪い癖が出て、相手に気を遣い、断りの言葉を言えないでいると、数日が経った頃、断ったはずのかにと思われる大きな宅配便の箱がどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。

それとは別に、どう見ても最高のかにだと思える写真を使って契約させ、その実、平気で何ランクも下の品物を送ってきて知らん顔をしていたりします。

詐欺といってもその手口は多岐にわたり、油断もすきもない世の中です。

人を見たら泥棒と思えなんて寒々しい考え方は好きではありませんが、被害にあわないためにはそれくらいの覚悟で生きて丁度いいのかもしれません。

かに通販の特徴ですが、ポーションの販売が多いのに気づいた方もいるでしょう。

これは、殻をむいて中身を集めたということですね。

むき身のかにだといえます。

色々な料理に使いやすいおいしさもありますし、大きさではじかれた品や、殻が割れたものなどを使っているので新鮮なのに安く売られているといううま味もあるのです。

あらゆる蟹の産地の中でも、最もよく知られているのは、北海道をおいて他にありません。

北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。

他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、総合評価でなら、ダントツで北海道が一番でしょう。

ところが、現実には、輸入品の蟹が道内で販売されていることがけっこうあり、意外な気分になります。

お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。

そのかにを買う際には詰めを甘くしてはいけません。

それはただ一つ、品数が豊富であればあるほど、お店の人に選んでもらうのを避けることです。

自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。

お歳暮のかにには特に念を入れて、実績のあるところから買うことを勧めます。

 

 

新鮮さやサイズをチェック

蟹通販といえば、お得で手軽に蟹を購入できるものです。

しかし、それを利用する上では、いくつか気をつけるべき点もあります。

蟹の王道といえばタラバ蟹ですが、その購入にあたっては、蟹を買う際に最も大事なポイントである、新鮮さやサイズを入念にチェックしましょう。

写真だけを見てもよくわからないことが多いでしょうから、新鮮さやサイズを知るには、商品の説明文も参考にしましょう。

また、利用者の口コミやレビューといった情報源も案外、お店の信頼性を測る上で役に立つものです。

蟹通販を利用する際に、国産品と輸入品、どちらが美味しいのかと悩んでしまうケースも多いでしょう。

ここでは敢えて言い切ってしまいますが、同じ種類の蟹であれば、どこで獲れたものであっても味に大きな差はありません。

それよりも、気にするべきことは、業者の信頼性をよく見極めることです。

利用者に評判の高いお店で売っている蟹ならば、国産か輸入品かといったことはそれほど問題ではありません。

数年前では考えられなかったくらい、かに通販の量と質は年々進歩しています。

通販に慣れていない方からすれば、実際に見ないで選ぶのは難しく、嬉しい悲鳴をあげるかもしれません。

なかなか決められない方には、ネットなどの通販人気ランキングもいくつかのぞいてみてください。

誰が見ても味、価格が優るかにはどこのランキングでも、必ず上位にがんばっているのです。

選ぶ蟹を間違えると残念なことに蟹の本当の良さを味わうことができません。

蟹の味を楽しむには正しく蟹を選ぶ方法を知っておくべきでしょう。

タラバガニを選ぶ際に重要なのは、留意する点は重さをみることで、一番に調べるべきことです。

加えて、綺麗な甲羅は避けて、良いものは汚れていて、硬いです。

そういうものを選びましょう。

通販サイトをのぞいてみると、かに通販の特集がおいしそうなかにの写真をたくさん載せています。

そんな現状だからこそ、どの通販で買ったら良いか迷ってしまうことも多いのもうなずけます。

おいしいかにを通販で買いたい、でも失敗したくない、といった方、テレビ通販はいかがでしょうか。

扱う期間は限定されますが、テレビ通販のかになら多くの人から高い評価を得ているものがほとんどで、失敗のない品だと考えてください。

支払いや返品も含め、通販初心者でも安心して買えます。

ただし、ネットより多くの人が見ているので、いいものは売り切れ必至です。

ご馳走の代表格である蟹。

蟹といえば、とにかく種類が多いですよね。

種類ごとに味や風味は大きく違っており、好みも人によってまちまちなので、WEB上の通販サイトなどで蟹を選ぶ際には、種類ごとの違いを意識して商品を選ぶことを大事にしたいものです。

色々な蟹がある中で、よく人気の品種と言われるものとしては、誰もがタラバガニやズワイガニなどを思い浮かべることでしょう。

購入時には、新鮮さと大きさに注目して商品を選ぶ人が多いようです。

お歳暮にかにを贈る方もいらっしゃるでしょうが、最後まで気を抜かないでください。

何のことかと思うでしょうが、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、手間を惜しんで店側に選ばせてしまうのはいけません。

かにの選び方に自信がないためですが、プロの見る目は確かだろうと思い込んでしまうと、鮮度が今ひとつのかにや、一見わからない傷のあるかにを贈ってしまったら大変です。

お歳暮のかにには特に念を入れて、実績のあるところから買うことを勧めます。

蟹味噌が濃くてよく食されている毛蟹ですが他の蟹より小さい体をしているため、目利きが難しく、誤ると身が詰まっていなくて、美味しくないものもあるので吟味することが大事です。

毛蟹の正しい目利き方法をお教えいたします。

購入場所が店頭である場合はそこで重さを基準に選べばいいですが手で触れることのできない通販で選ぶときには、品質管理をきっちりと行っており、過去の実績のある販売元を見極めることが、上手な方法です。

 

 

呆れたものです

ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、一人で全部食べてしまうのだから呆れたものです。

私も子供も蟹は嫌いではないですし、できれば家族揃って食べられるように今後はしたいなと思っています。

そんな我が家では、ポーションタイプの蟹が最近のブームです。

活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、蟹しゃぶや蟹鍋など、家族で囲む料理には特に、面倒な手間がかからないので大変便利です。

小さいお子さんがいらっしゃる家庭でも、殻が剥いてあるので、蟹を楽しむことができるので、子持ちの家庭には特にお勧めです。

かにの通販は本当にたくさんありますよね。

同じブランドのかにであっても、ボイル?活かに?でなかなか決められなかった方もいらっしゃると耳にします。

いくつかのかに通販を見る限り、かにの購入で決める場面では選べるなら、何といっても活かにです。

ほとんどの通販では、活かにならよりおいしく新鮮なかにが届くからです。

通販によくある話ですが、かにを買うときも自宅で保管できない量を買ってしまうということです。

通販がなかった時代のように、実際の店舗でしか買えなければ自分が持ちきれないほどの量を買おうとしたことに気づき、買いすぎは未然に防げることでしょう。

しかし、通販の写真ではかにの大きさをリアルに捉えられず、店舗より安いこともあって大量購入してしまい、届いてから一週間は毎日かにを食べていたという話はかなりあり得る話なので、せっかくのおいしいかにです。

おいしく食べきれるよう考えましょう。

蟹の名産地は国内にいくつかありますが、現在では、全国どこからでも利用できる蟹通販ならば、各地の蟹をお取り寄せできるのです。

蟹にも色々あります。

例えばタラバ蟹や毛蟹などが有名ですが、初めての方は、まずズワイ蟹を試してみてはどうでしょうか。

皆さんも聞いたことがあるでしょうが、ズワイ蟹には蟹本来の旨みがあり、その身は甘みが強く、絶品です。

どこでいつ水揚げされたかによって品質に当たり外れがあるので、山陰で獲れる松葉ガニ、越前で獲れる越前ガニなどブランド蟹を選ぶのがよいでしょう。

蟹を食材として使う場合、蟹がどんな状態にあるかにより気を付けるべき点がそれぞれあります。

中でも特別気を付けた方がいいことは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。

大多数の方が急いで解凍するために蟹を水中に入れてしまいます。

もしそのようにしてしまうと、せっかくの蟹の旨みがなくなってしまうので、冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。

かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。

同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、取り扱うかにの豊富な種類には驚かされます。

かに好きなだけの素人にお店もかにも選び出せなんて到底無理な相談です。

決めるに当たっては迷ってばかりいても仕方ないのでしょうが、選ぶに当たっては難しいことなんて何一つありません。

右へならえの日本人らしく、人気のものを選ぶことです。

そんなことぐらいなら考えれば誰だってわかると思うかもしれませんが、その点を押さえるだけで結果が変わってくるのです。

分かりやすいランキングや比較サイトなどを参考にしてもいいと思います。

ただ鵜呑みにせずにあくまでも自分で判断しましょう。

人まねは好きでない人向けには自力での修正がカギになります。

買い続けるうちに1位ばかりでなく、少し順位は下でも面白いお店が見つかることもあるかもしれません。

家族で好みが分かれてしまった場合は仕方ないので1回ずつ交互に買うなど工夫していきましょう。

もし間違った選び方をすると本当は美味しいはずの蟹を楽しめなくなってしまいます。

蟹を美味しく食べたい、その願いをかなえるためには、選び方が大事です。

タラバガニを選ぶ際に重要なのは、重さを見ることが不可欠で最も重要な点です。

その他にも、汚れのない甲羅ではなく、汚れており、かつ硬いもの、これがいいです。

今も昔もご馳走の定番といえば蟹ですよね。

最近は、蟹通販を使えば、各地から産地直送で美味しい蟹を届けてもらえます。

とはいえ、最近は業者の数も増えてきて、それぞれに値段や利用条件が大きく違っていることもあるので、どの業者から蟹を買うかという点は、慎重に考える必要があります。

即断せず、丹念に通販サイトを見比べていけば、中には他より大幅に安い業者もあります。

しかし、激安を謳う業者には怪しげなところも多いですから、レビューを参考にするなどして、蟹の新鮮さや業者の信頼性を確認した上で、賢く通販を利用するようにしたいですね。